クレジットカードが利用停止になってしまった

いつも使えていたクレジットカードが、突然利用停止になることはあります。

その原因はいくつかあります。
一つはクレジットカードの利用状況が悪い場合です。
クレジットカードの支払いを滞納し続けると、やがてクレジットカードが使えなくなります。
このまま使われても、支払いがされないとクレジットカード会社は困りますよね。
そのためクレジットカードが利用停止となってしまうのです。

クレジットカードが利用停止になったからといって、残っている支払いをしなくても良いということではありません。
当然支払いはし続ける必要があります。

そして海外でクレジットカードが使われると、利用停止になることがあります。
いつも海外で使っているというなら良いのですが、突然海外での利用があった場合は不正使用が疑われます。
被害を拡大させないために、クレジットカード会社が勝手に利用停止を行うのです。
もし自分で使ったとしても、利用停止になることもあるようです。
長いこと海外で使っていないクレジットカードは、海外に行く前にクレジットカード会社に一言伝えておいた方が良いかもしれませんね。
海外旅行中に、いきなりクレジットカードが使えなくなってしまったら困ってしまいますので。